ウェディングドレスの基礎知識/ウェディングオプション専門『ハワイウェディングアイテム.com』

日本国内の受付電話番号(受付時間11:00~17:30) 050-5807 -3641

HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 ウェディングドレスの基礎知識

ウェディングドレスの基礎知識

ウェディングドレスの基礎知識

結婚式の主役ともいえる花嫁さんをもっとも引き立ててくれるアイテムといえばウェディングドレスです。
様々なウェディングドレスの中から、一生に一度の大切なセレモニーに最も自分を輝かせてくれる一着を見つけましょう。

ウェディングドレスドレスの成り立ち

ウェディングドレスの基礎知識現在はウェディングドレスといえば純白が当たり前になっていますが、昔はそうではありませんでした。
遥か昔、中世のヨーロッパでは婚礼衣装には何を着ても良いとされており、貴族の娘たちは赤や青や緑などの鮮やかな色に金糸銀糸で刺繍を施した絢爛豪華なものが用いられました。これは花嫁の家の経済状況や地位を誇示することが目的で、より豪華に、より派手に着飾ることを良しとしていました。
また、庶民や経済的に余裕のない花嫁は自分の持っている一番いい服、いわゆる一張羅の晴れ着を着たといわれています。
現在のような白いウェディングドレスが普及されていったのは18世紀後半以降で、ヴィクトリア女王の婚礼衣装に憧れた裕福層の娘たちがこぞって真似をしたことから急速に広がっていったといわれています。白いサテン(繻子)に使われる絹糸は大変高価であることから娘たちの憧れでもあったと言います。
日本では白無垢や角隠しに知られるような純白の婚礼衣装は平安時代から続く長い歴史を持っていますが、白いウェディングドレスが日本に広まっていったのは第二次世界大戦後の1960年代という事から意外と最近であることがうかがえます。

ウェディングドレスはどうして白いの?

ウェディングドレスの基礎知識白には少女のような純粋さ、無垢さ、そして、結婚する伴侶一人にだけ与える穢れ無き処女性の象徴といわれています。
和装における白無垢にも同じ意味合いで「清浄潔白」や「嫁ぎ先の家風に染まる」といった意味を持ちます。「貴方の色に染まります」という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
上記から、本来純白のウェディングドレスやウェディングベールは処女にのみ着用が許されており、処女で無い女性や再婚の女性は白いウェディングドレスを着るべきではないと長年言われてきましたが、最近はそのような風潮も薄れて「花嫁さん=白いウェディングドレス」のイメージが定着しつつあります。

白以外のウェディングドレスは着てはいけないの?
ウェディングドレスの基礎知識

そんなことはありません。
ゲストのパーティドレスの場合花嫁さんとかぶらないように白は避ける、凶事を連想させる黒を避ける、別れるをイメージさせるツートンカラーは避けるなどのマナーはありますが、主役の花嫁さんは自分お好みのドレスを選択してOKです。
しかしお色直しをされない場合は純白のものや、2Wayタイプで見た目のイメージを変える方が多いようです。
お色直しの際はお好みのカラードレスを選択して大丈夫です。

動物の素材

よく言われるのがファーやレザー等の動物を使用した素材は「殺生」を連想するため避けるべきです。
季節柄、冬のウェディングの場合ドレスの上から何か羽織ることが多くなると思うので気に留めておきましょう。
最近はフェイクファーであればOKなど縛りもゆるくなっているようですが、ゲストや両家の雰囲気などを事前に把握して難の無いコーディネートを心がけましょう。

ピアス

ハワイアンジュエリーの魅力ピアスは「家庭に穴が開く」、揺れる素材は「家庭が揺れる」と嫌われる場合があります。
しかし最近はピアスをしている人も多く、品がよく、ウェディングドレスに合うデザインならば特に気にしない場合が多いです。

場所に合わせたドレス選び
余りにこじんまりした会場で動くのも大変な豪華でボリューミーなドレスや、会場を動き回るのにロングトレーンのドレスなど、場所に合わないドレスをチョイスすると顰蹙を買いかねませんしご自身も一日たいへん疲れてしまいます。
会場の広さやキャパシティ、雰囲気を考慮してドレスは選びましょう。
結婚式場と披露宴や2次会会場が移動になる場合ドレスの雰囲気をシーンに合わせてがらりとお色直しするのもたのしいですね。

Topへ