リングピロー/ウェディングオプション専門『ハワイウェディングアイテム.com』

日本国内の受付電話番号(受付時間11:00~17:30) 050-5807 -3641

HOME > お役立ちコンテンツ > ハワイウェディングを盛り上げるウェディングアイテム リングピロー

ハワイウェディングを盛り上げるウェディングアイテム リングピロー

リングピローとは

リングピローとは、結婚式で指輪の交換をするまで二人の結婚指輪を置いておくための、
リング用のクッションの事です。

本来はチャペルウェディングでの結婚指輪の交換の際に使用されたアイテムですが、現在はチャペルウェディングはもとより、ガーデンウェディングや和式ウェディングなどスタイルでの指輪交換の際に使用されています。ロマンチックな演出に欠かせないリングピローは全ての花嫁さんの憧れです、
ウェディングスタイルやお二人の個性に合わせて、最高のリングピローをセレクトしましょう。
欧米では「リングベアラー」とよばれる小さな男の子がリングピローを手に持ち、花嫁と一緒に入場します。

リングベアラー

リングベアラーリングベアラーとは新郎新婦のファミリー内の10歳くらいまでの男の子が一般的に選ばれます。
リングピローに乗せた結婚指輪を持って花嫁と一緒に入場しますが、リングベアラーの持つ結婚指輪は実は偽物。
これはキリスト教の教えに「子供に高価な物を持たせてはいけない」というものがあることに由来し、指輪交換の直前に本物と差し替えられます。
また、花嫁さんが歩くバージンロードに花弁をまいて清めるフラワーガールという女の子(こちらも10歳ぐらいまでの少女が一般的です)と一緒に、小さなカップルに見立てて入場してもらうのもほほえましくて素敵な演出です。

リングベアラーが居ない場合は、牧師さんが指輪を乗せたリングピローを指輪交換の際に差し出してくれるので、絶対に居ないといけないいうわけでもありません。

リングピローのなりたち

古代エジプトでは、結婚式の際に宝石を枕状のクッションの上に置いて保管していたということや、高貴な王族や皇族や主人に侍従や召使が直接手で渡すのは無礼にあたるとのことから、クッションに乗せて渡したとのことが始まりです。
また結婚式に置いて指輪自体の交換が始まったのは、14世紀のヨーロッパ。
途切れることのない輪(リング)は常に相手と共に居る永遠を表し、左手の薬指には愛の血管が通っていると信じられていました。
生の証の心臓から流れる血液を愛の血管でつなぎとめるリング、素敵ですね。

理想のリングピロー

理想のリングピローリングピローは、結婚式の最大の山場ともなる指輪交換の際に花を添えるアイテムです。お二人の挙式プランや結婚式のトータルイメージ、教会やドレスなどとの調和も考えてチョイスする必要があります。
ピローとはいっても枕やクッション状である必要はなく、ビーズやパールで囲われたクラウンや馬車、鳥籠等のデザインやぬいぐるみを使用したもの、ガラスケースにプリザーブドフラワーを敷き詰めたもの、和式の場合は水引きのデザイン等様々です。最近はそういったこだわりから花嫁さんご自身がリングピローを手作りしたり、ご友人が手作りする等の思いのこもったリングピローを用意される方も多くなっています。
結婚指輪を購入すると一緒にリングピローがついて来る場合もあるようです。

サムシング・フォーをリングピローに

サムシング・フォーをリングピローにサムシング・フォー(Something Four)をご存知ですか?
サムシング・フォーとは、欧米における結婚式の慣習で、サムシング・オールド(何か古いものを)、サムシング・ニュー(何か新しいものを)、サムシング・ボロー(何か借りたものを)、そしてサムシング・ブルー(何か青いものを)身に着けると花嫁は幸せになれるといわれています。

この中でおすすめなのがサムシング・オールド。おばあ様やお母様の結婚衣装に使われたレースやヴェールをそのまま使用することが難しい場合、リングピローにリメイクして使用するのはいかがでしょうか。

思い出のリングピローは…
欧米では両親が結婚式で使用したみんなの祝福をいっぱいに浴びたリングピローを、生まれた赤ちゃんのファーストピロー(初めての枕)にすると、その子も祝福を受けて幸せに育つことが出来るという言い伝えがあります。
昔のリングピローはとても大きく小型の枕ほどもあり、中身も羽毛だったため枕としての使用も出来ましたが、現在のリングピローは小型化したことや、様々なデザインが施されていたり、素材が硬質であることから赤ちゃんの枕には不向きな場合も多いのですが、それでも本来使用する枕の下に忍ばせる等、ファーストピローの伝承は形を変えて息づいています。

Topへ