ギフト・プチギフト/ウェディングオプション専門『ハワイウェディングアイテム.com』

日本国内の受付電話番号(受付時間11:00~17:30) 050-5807 -3641

HOME > お役立ちコンテンツ > ハワイウェディングを盛り上げるウェディングアイテム ギフト・プチギフト

ハワイウェディングを盛り上げるウェディングアイテム ギフト・プチギフト

ギフト・プチギフト

ギフトとは引き出物(ひきでもの)の事を指します。

引き出物とは、結婚式などの祝い事の際に招待客や来席者に配る贈呈品の事で、以前は結婚式に供される食事を折詰にしたものが引き出物とされていましたが、現在は日持ちのする食べ物や菓子などが引き菓子として供されます。
ラッピングは表書きに「寿」の文字を入れ、「結び切り」(本結び)の様式で紅白または金銀の水引を掛ける、これに二人の名もしくは姓を書き入れます。持ち帰り用の品であることから、手提げ袋や風呂敷などはあらかじめ用意しておきます。

ギフトの選び方

ギフトの選び方大切なのは人を選ばない品であり、誰にでも喜ばれる品であることです。
また、持ち帰って頂く家庭にすでにその品物があっても困らない、複数あっても問題のない品物を選びます。
奇をてらって新郎新婦の顔や名前入りの品物や特定の趣味に特化したもの等、もらっても困る品物は避け、誰もがもらってうれしい、極端にいえばもらって困らない品物を選ぶことがベストといえます。
また、遠方から参列してくれるゲストにかさばる重い引き出物は避ける等の配慮も心がけたいところです。
近年では来席者全員の好みに合ったものを選ぶことは難しく、それぞれに選んでもらった方が双方にとって良いとの考えから直接の品物ではなくもらった人が選べるギフトブック等を引き出物として渡すケースも増えています。

ギフト選びのタブー

先に既述したような奇をてらったもの以外にも引き出物選びの際に気を付けなければいけない点があります。
それは多くの場合「忌み言葉」から連想させる品物で、以下の言葉などがあげられます。

刃物やはさみ縁が切れる

サル(猿)の絵柄去る、別れる

重箱離婚や再婚を連想させる

陶器や割れ物割れる

しかし、近年では旧家が多い地方等でもない限りはあまりこだわらない傾向にあり、
地域的な事情が絡む場合は結婚する者の両方の家のごく近い親族を呼んで相談することもしばしば行われます。

ギフトに対する新しい考え方

来席者の誰もが喜んでもらえる品物を用意することは難しいとの考えから近年では様々な新しい様式が生まれつつあります。
引き出物を簡素化し、披露宴での食事をその分豪華にする、もらった人が欲しいものを選べるギフトブックを贈る、帰ってすぐに消費出来る珍しい食品などの話題性のあるものを贈る(結婚式の話題で盛り上がってもらうため)などが例に挙げられます。

プチギフトとは

プチギフトとはお見送りやお色直しの再入場時、また二次会や披露宴のお見送りの際などに来席者に引き出物とは別に配るちょっとしたプレゼントの事です。ポイントは遊び心にあふれ小さくてかわいらしくセンスのあるものが喜ばれます。

定番のお菓子(ドラジェやクッキー、キャンディ等)

定番のお菓子(ドラジェやクッキー、キャンディ等)ドラジェとはアーモンドを糖衣で包んだ砂糖菓子です。
淡いパステルカラーがかわいらしいこのお菓子はイタリアで生まれました。
ヨーロッパでは子宝や幸福をもたらす縁起物としてお祝い事で広く使用されています。
クッキーは日持ちがして型崩れしにくいところがチェックポイントです。
メッセージやオリジナルプリントなどの加工を施したものが人気です。
また、小さなボックスに小分けに梱包されたお菓子などをテーブルトークンなどに何層にも積み上げ、会場のデコレーションの一つにしてしまうのもセンスがあって素敵です。

タオル、ハンカチ

タオル、ハンカチ最近人気を集めているのが圧縮タオルです。
タオルを小さく小さく圧縮して動物やお花などのかわいらしいアイテムを模したもので、水にぬらすと普通のタオルに戻るというものです。
また一時期注目を集めたケーキタオルはケーキを模したタオルで、こちらはほどくと普通のタオルになるというもの。
会場のデコレーションとして積み上げても見栄えも華やかです。

入浴剤、キャンドル等の生活雑貨

入浴剤、キャンドル等の生活雑貨女性ゲストと男性ゲストに分けて配る場合はよりそれぞれに特化したものを選ぶと喜ばれます。
まるでブーケのお花を拝借したかのようなバラの花びらを模したローズソープやお菓子のような入浴剤など、うちに帰ってからも結婚式を思い出してもらえるような、そして、来てくれてありがとうという気持ちを込めて品物をチョイスしたいものですね。

Topへ